事業計画

職業奉仕委員会

委員長  竹内 慎治
副委員長  平松 典保

【事業計画】

 ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。
ロータリーの例会は自己研鑽の場、例会出席で職業について語り合い、卓話を聞き気づき、感じ、発想の交換をする場、意見交換を行なう場所です。
最も良い奉仕(サービス)をした会社は、最も多く報われる。
社会奉仕・国際奉仕は奉仕の受け手が相手であるが、職業奉仕は奉仕の受け手は自分です。
ロータリーの職業奉仕は倫理運動で、四つのテストで考え理解しよう。

    1.真実かどうか
    2.みんなに公平か
    3.好意と友情を深めるか
    4.みんなのためになるかどうか

 ロータリーは職業奉仕を通じて奉仕活動を行いながらお互いの倫理観を高めようとする運動を行なう団体であり、その根幹は愛であり思いやりの心である。
    1.例会にて「四つのテスト」の唱和
    2.優良従業員表彰の実施
    3.職業奉仕委員長卓話

 

 

 

 | HOME | ロータリークラブとは | 会長方針 | クラブ概要 | 組織構成 | 事業計画 | 年間行事予定 | 例会場 | 週報閲覧 | お知らせ |