事業計画

国際奉仕委員会(国際奉仕・ロータリー財団・米山奨学会)

国際奉仕委員長  河村 和知
副委員長  平松 典保
ロータリー財団委員長  河村 和知
副委員長  平松 典保
米山奨学委員長  岩崎 征宣
副委員長  鈴木 直幸

【国際奉仕委員会・事業計画】  

 国際理解と親善を深める為の様々な活動・プロジェクトに協力して参ります。その活動を通じ、他国の文化・習慣を理解することにより世界平和に貢献できればと思います。
  1. 知多市国際交流協会への協力
  2. 「例会に1杯のコーヒーを」を合言葉に、ルンアルン暁プロジェクトを継続

【ロータリー財団委員会・事業計画】  

 財団の設立時に提案された「世界でよいことをするために」とロータリーの奉仕の理念に基づき、人々の健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるように努めます。
  1. 年次寄付の実施
  2. ポールハリスフェローの推進
  3. ポリオプラス基金への支援

 

【米山奨学委員会委員会・事業計画】    

 将来母国と日本とのかけ橋となって、国際社会で活躍する優秀な留学生を奨学することを目的としているロータリー米山記念奨学会に協力し、寄付金を集める。
また、ロータリー米山奨学生が、ロータリークラブを通じて日本の文化、習慣などに触れ 社会参加と社会貢献の意識を育て、将来のロータリーの理想とする国際平和に貢献する人となるよう努め支援いたします。

  1. 普通寄付金 年額4,000円の継続
  2. 米山功労者,準米山功労者、マルチブルの協力要請

 

 

 

 

 | HOME | ロータリークラブとは | 会長方針 | クラブ概要 | 組織構成 | 事業計画 | 年間行事予定 | 例会場 | 週報閲覧 | お知らせ |